So-net無料ブログ作成

INON水中マイクロ魚眼レンズ [石垣島 2014]

昨日の記事でご紹介したACQUAPAZZA製の水中ハウジングに・・・

akuapaz.jpg

INON製の水中マイクロ魚眼レンズを組み合わせて、実際に水中でテストしてみました。
  
テストで潜ったのは石垣島の海。
カメラの設定は絞り優先(f4固定)のお任せモード。

今回の撮影ではストロボを使わずに、LEDライトを使いました。
マイクロ魚眼レンズとの相性はとても良かったです。

まずは、カクレクマノミのファミリー☆

kumanomi.jpg

被写体をイソギンチャクごと切り取って撮影すると、標準的なマクロ撮影です。
この程度の距離からだと魚眼らしさはあまり感じませんが、そのぶん歪みの無いシャープな写真になります。

■■■

小さな被写体に寄って、、、

garasu.jpg

魚眼レンズの特性を利用して、ガラスハゼの背景にボートのシルエットを入れてみました。

■■■

ウミシダの中にレンズを突っ込んでコマチコシオリエビを、、、

kosiori.jpg

ウミシダの広がりで魚眼らしさをより表現できました。

以前、標準的なコンデジで撮影した同じコシオリエビをアップしてるのでそれと比較するとレンズの効果もわかるかな~?
http://hal-park.blog.so-net.ne.jp/2014-07-16

■■■

大きなマンタにもレンズ交換無しで対応します。

manta.jpg

メーカーのスペック上では虫の目撮影用の設計のため無限遠ワイド撮影には不向きな記載がありましたが、このくらいは余裕で撮影できますよ!

■■■

群れる小魚越しに、シュノーケリングを楽しむカップル。

skindaive.jpg

こういう写真が手軽に撮れるなら、家族旅行やハネムーンに持っていくのもいいですね~
良い記念を残せると思います☆

■■■

このレンズ。
使用するまでは広角マクロ専用だと思ってましたが、使ってびっくりなオールマイティレンズでした。
標準マクロ・標準ワイド・ワイドマクロ、、、本来ならオプションレンズを交換しながら対応するべきところを一つのレンズでこれだけのバリエーションが撮影できちゃうってスゴイ!
実際、マンタの登場を待つ間、クマノミやカエルウオを撮影して時間つぶししてました。

水中撮影の経験者なら、誰もがレンズの交換無しでいろんな画角の写真を撮れたらって思ったことがあると思いますが、このレンズでそのストレスも解決しちゃうんじゃ?

今回は初めての使用にもかかわらず、そこそこ良い写真が撮れたと思います。
使いこなせばさらに水中撮影の可能性が広がる予感が!!!

というわけで、、、マイクロ魚眼が欲しくなっちゃった方は、、、ソニアでね!(@゚ー゚@)ノ 
http://www.sonia.info/shopdetail/030006000069/

ソニアではプロ用ダイビング器材から、手軽なシュノーケル用品までたくさんの品揃えがあります。
興味を持たれた方はウェブサイトをチェックしてください!
http://sonia.info/

私がオーダーしたダイビングブーツもそろそろ届くころかな?
趣味の買い物はたのしい~♪(^^)

>>> 20040t.gif
nice!(28)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 3

Silvermac

一枚目、シャープですね。
by Silvermac (2014-07-29 05:30) 

じゅん

ガラスハゼのバックにまるでクジラがいるみたいだね~!
普通のマクロと違って背景に広がりが出て
ダイナミック~ヽ(◎´∀`◎)ノ
美しい海の背景をぶち込むにはもってこいだね(≧∇≦)
アダプターなしで装着できちゃうのもいいな~☆彡
by じゅん (2014-07-29 08:39) 

achami

良いなぁ〜これ。

by achami (2014-07-29 12:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0